2013/11/22

ボージョレ解禁! 

たかがワインだろ・・・と思う人のほうがむしろ多いかもしれない。
そういえば、何かイベントがあった気が・・・思い出せない。
帰宅のとき、ニュースをみて、あ゛っ!! 今日はボージョレの解禁日か!?
ということで、さっそく今年のブドウはどうなんだろうとウキウキしながらゲッツ。


今年のボージョレは、いい天気が続いたせいなのか、渋さもなくかなり甘め!
おっ! という感じ。

ボージョレは、ボージョレ地方で採れたブドウを使い、そのブドウ畑も
限られた畑だけで作られたブドウだという話をきいたことがある。
いちおう、つまみも買っていったのだが、甘味が強くて、むしろそんなの不要だった。
本当に今時期だけのボージョレのテイストを楽しんでほしい。


ここからは少しだけSEネタを。

先日から構築していたサーバーの設定がほぼ完了した。
お客様も待っていることもあり、すぐ接続してサービスを開始したいところだが
実はそうもいかない。最大の難関がある。

それはアタックテスト。

近年、パスワードが抜かれる、サーバーへ不正アクセス、DDoS攻撃など
サーバーに対する攻撃手法も多種多様化してきている中で、
アタックテストという工程は非常に重要なものになる。

セキュリティにかかわる話なので詳しくは書けないが、一般的に
広まっている手法を使った疑似アタックを行い、耐久性やリソースの状況など
さまざまな情報を取り、改善点が見つかれば再設定となる。
インターネットが出始めた当時は、ネットユーザーも少ないということもあり
不要な作業ではあったと思うが、ネット社会の今では避けては通れない。

このテストのおもしろいところは、SEの "おごり" も遠慮なく暴露される。
だから "この程度の設定でいいだろう" "動いたからこれでいい" なんて
甘いことをやっていると、テストの段階で恥をみる。

実際に動き出せば、データのやりとりが始まり、そこには利用する
ユーザーの重要データがやりとりされていく。だから設定は絶対に妥協できない。

このテストをクリアしたからといって、必ず侵入されないなんてことは
ないのだが、それでもやらないよりはマシ。

SEは今日もいろんな事態を想定しながら地味に働いている。

0 Comments:

コメントを投稿