2014/03/23

摩訶不思議なDNS逆引きの怪

今月末、とくに先週末あたりから、某ネットワークの移設作業を
行っている。規模がかなり大きいので、いろんな企業が関わっている。
そんな中、DMZ側を設定しているわけだが、DNSの振る舞いに
摩訶不思議な現象が生じて困惑している。
それは何か・・

たとえば、

1   xxx IN PTR hostname
2   xxx IN PTR hostname2
3   xxx IN PTR hostname3




と延々続いていくわけだが、hostname と hostname3 は
正常に逆引きできるにもかかわらず、hostname2 だけ
Server can't find  NXDOMAIN で返してくる。

通常、設定がおかしければ、Server failed で返すのは
みたことがあるが、記載した一部だけ NXDOMAIN で
返す現象は今回が初めて。

そもそも論で、同じレコードファイル内に記載しているのに
一部だけ逆引き不可とか意味がわからん。
おかしなコードがはいったのかと疑って、下に書いてみたり
いろいろ試してみたけど、やっぱり同じ。
シリアルあげてreloadしてもやっぱり同じ。

まぁ、そのホスト自体、メールを配送したりするための
ホストではないので、正引きが生きていればとりあえず
問題なく使えるわけだが、気持ち悪くて仕方がない。

さらに不思議なのが、上位のDNS(権限委任をしてくれる)は
どれも正常に逆引きができた。他、2つのセカンダリはNG。
zoneファイルがtransferされて、authoritative answer できるはずなのに
これまたNXDOMAIN。

一番わけがわからないのが、

サーバーを自分自身に指定して試しても引けないこと。

上位ではひけて自分はNGっていったい・・・。

さっぱり挙動がつかめない、DNS逆引きの怪。

0 Comments:

コメントを投稿